FC2ブログ

プロフィール

大東市精神保健福祉を考える市民の会 『ぶんぶん』

大東市精神保健福祉を考える市民の会 『ぶんぶん』
大東市精神保健福祉を考える市民の会『ぶんぶん』は、精神障害当事者、家族、市民等の出会いと交流をはかり、精神障害当事者の抱える様々な問題について、共に考え、支えあうことを目的として平成11年4月に結成されました。
現在は、精神保健福祉市民学習会や地域交流行事の企画と開催、サークル活動を中心に活動しています。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


カテゴリ


アクセスカウンター


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2月28日「ひきこもりからの脱出」

 本日、「ひきこもりからの脱出」というテーマで、メンタルワークス大阪の代表・岡崎剛先生に、講義をおこなっていただきました。内容は、
 1.ひきこもりを理解する。
 2.ひきこもりからの回復を理解する。
 3.家族や支援者ができる具体的な対応を知る。
……と、大きく3点についての話でした。

 まず、自己紹介から始めることや、最近ではドロップアウトする人間のほうが多いこと、引きこもりの定義としては、「さまざまな要因の結果として社会的参加を回避し、原則的には6ヶ月以上にわたって、家庭にとどまり続けている状態(他者と交わらない形での外出はしていても良い)」だということを知りました。
 他にも色々なお話をされ、「ひきこもりのことは理解した。支援施設の情報はわかった。では、周囲(家族)はどう対応すれば?」と、ここからが本番です。とばかりに話の内容が深くなりました。
 家族ができることは何か(対処方法・CRAFT)、立ち止まってしまった時の人間心理、ポジティブなコミュニケーション方法、どのような時に手を差し伸べるか、その差し伸べかた、支援の利用の進めかた、そのほか様々な工夫……。

 自分自身もひきこもり経験があるので、その頃のことを思い出し、聞きながら胸が苦しくなったり、そうだなぁと納得したりしながら、聞いていました。
 ひきこもりは、その間の経験や人脈、そのほか色んなものを捨ててしまうことです。そんなもったいないことはありません。少しでも外と繋がって生きていきたいと思いました。
(K)
 
スポンサーサイト

トラックバック

http://daitobunbun.blog.fc2.com/tb.php/33-76568c1a

 | ホーム |  page top